選択と決断 ①(気づき)

20代の頃、永平寺の参禅に通ったことがあります。仕事で悩んでいる時にアドバイスを頂いたのは、大手企業の顧問伊藤さんです。(毎年頭の体操のための当時の共通一次試験を受けていた方です)座禅を組むことで気づくことがあると思うから、推薦しておくねと・・・。

伊藤さんは永平寺への参禅では有名な方らしく、すぐに了解が得られ5泊6日の正法眼蔵の時期とも重なり行くこととなります。座禅も組んだことが無い自分がいきなり5泊6日の長期参禅となりました。(以前は推薦者がないと参禅できなかったと思います。今はわかりませんが・・・。)この経験が、後から大きな気づきとなり今に生かされています。

直面したのが、足が痛くて耐えるのが大変だったことです。仕事で来たわけではなく帰ることも出来ましたが、もう一回だけ座ろうそれが終れば帰ろうとか、もう一日だけ座ろう、といつの間にか5泊6日が過ぎた初心者にとっては痛いだけの座禅でした。

曹洞宗は、壁に向かって座ります。窓の襖を開けると小川のせせらぎが聞こえます。心が澄んでいくそんな場所です。40分座禅を行い、10分の経行(キンヒン・・歩く座禅)を行い10分休憩、これを朝から夜まで行います。何十回座ったのか、痛いだけの初めての座禅でした。この中で何に気づいたのか?

それが、「選択と決断」ということだったのです。

のちに臘八大摂心(ろうはつおおぜっしん)にも参加しました。その当時は10泊11日だったように記憶しています。普段は参禅用の場所で行うのですが、この時だけは、修行僧の人達が使うお堂の外単で黒い幕を張り、凍えるような寒さの中で座った懐かしい思い出です。

続く・・・