中小企業の組織マネージメントとは

組織マネージメントにおいて「ヒト」は感情や体調、生活環境などの影響を受けやすく、最も取り扱いが難しい経営資源ですが、最も重要な経営資源でもあります。近年では、契約社員や派遣社員、パート、アルバイトなど働き方も多様化しており、管理職は、「ヒト」それぞれの適性や価値観を理解し、個々に合わせた仕事を配分する必要があります。組織マネージメントを理解することで、「ヒト」の適正や価値観といった本質が理解できるようになり、労働環境の変化に直面してもスムーズに組織運営ができるようになります。管理職の負担軽減や組織の生産性が向上に繋がります。

「アンガーマネジメント」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?(後編)

前回、「アンガーマネジメント」の土台部分について書かせていただきました。 今回はもう少し踏み込んで、「イラッとしたら(怒りの感情が湧いたら)どうすればよいか」という点についてご紹介したいと思います。  イラッとしたら、次 […]

組織成長・改革のタイミングは田植えと同じです

組織や人材が成長するタイミングとはいつでしょうか? 実は、日常の至る所にタイミングがあります。 例えば、経営計画を作成する時、期が変わり新たなスタートをする時、新入社員が入り新しい風が吹く時、各種研修と行う時、社内に課題 […]

「アンガーマネジメント」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?(前編)

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングです 日々の生活の中で、つい「イラッ」としてしまうこと、ありますよね。この「イラッ」をできるだけ感じずに生きていきたいと思いますが、怒りの感 […]