新入社員と中途採用(組織マネージメント)

新卒も中途採用も企業にとっては同じ新入社員です

応募者は期待を持って会社見学へ来たり、面接を受けに来たりします。

  • 企業はどんな所を見て欲しいのでしょうか?

  • どんな人が来るのか?

  • ばかりに意識が行ってしまいがちになります。

  • 基本的な挨拶が出来るか?

  • 言葉使いは?

  • 履歴書は手書き?

  • 丁寧な筆跡?

  • 服装は?

  • 清潔感は?

など入口だけでもたくさんのチェック要素があります。

その前に考えるべきことがあります

  • ・応募者からどのように見られている会社なのか?

    ・社内は社員が育つ環境・教育体制が整っているのか?

    ・新卒入社、途中入社の対応が出来る準備、受け入れは可能なのか?

  • ・上司になる人との相性は?

  • ・現在いるメンバーとの組み合わせは?

    ・社内に社員が働くモチベーションはあるのか?

魅力ある会社造りも早急に必要ですね。

一人の中途入社でもちゃんと入社式をしていますか?

そこの席に座ってね、仕事は隣の先輩から聞いてね、等の対応をしていませんか?

本人にとっては、生涯いくつの会社に勤めるかはわかりませんが、その一つであることは確かです。

入社する社員とってこの会社で頑張る一つの節目であり、けじめをつけてあげることも大事だと思います。

社長や受け入れる社員の言葉などとても印象に残るものです。

また、いつ辞めるかわからない社員ではなく、いつまでもいて欲しい社員として受け入れることですね。これも組織ブランディングの一つです。