開夢経営者コーチング

コーチングは、「コーチ (Coach)」という言葉から派生したもので、言葉の語源は「馬車」。コーチングという言葉の始まりは、ハンガリーのコチという街で作られた馬車が語源になっているそうです。その時代の馬車の役割は、「大切な人を望む場所まで送り届ける」こと。コーチから派生して生まれたコーチングは、「人の目標達成を支援する」という意味で使われています。もう皆さんご存じかもしれませんね。

「1対1の対話により、クライアントの自己実現を支援するコーチング」という考え方は、スポーツ界などのコーチのイメージが日本のコーチングのイメージに影響を与えている可能性があると言われています。

即効性があるものではありませんが、取り組み方次第で結果の現れ方は変わります。 

 

 

開夢経営者コーチングでは、

最重要ポイントのヒアリング「傾聴」がベースとなり、

経験豊富な組織マネージメントのバックボーン、

その上での経営者コーチングとなります。

 

 

【対象】

経営者・後継者・管理職

 

【目的】

*頭の中をすっきりとさせて考え方をまとめたい

*自分の考えがよくブレてしまうので見つめ直したい

*行動力を身に付けたい

*自分自身に自信を持ちたい

*前向きな思考になりたい

*何を言っているのかわからないと言われるので表現力をつけたい

*個人の理念を作りたい

など目的は様々です。

 

【期間】参考例 (打合せにより回数、時間などを設定します)

経営者コース 6ヵ月  (初回のみ15分延長)

  • 60分×2回×6ヶ月(1セット)
  • 45分×4回×6ヶ月(1セット)

3ヶ月コース 3ヶ月  (初回のみ15分延長)

  • 60分×2回/月×3か月(1セット)
  • 45分×4回/月×3か月(1セット)
 
 
【方法】
 ZOOM使用 (ご相談により対応します)
 
 

項目に当てはまる方は、是非ご連絡を!!