事業承継の構成要素・対話を通じた「想い」の承継

後継者に託す3つの要素

事業承継に伴う課題に対応しながら計画的に引き継いでいく事業承継では、後継者教育などを進めながら営権を引き継ぐ「人(経営)」の承継、自社株式・事業用資産、債権や債務など「資産」の承継、経営理念や取引先との人脈、技術・技能といった「知的資産」の承継を、計画的に着実に進める必要があります。事業承継をスムーズに進めるためには、自社株式の取得に伴う相続税や贈与税の負担、経営権の分散リスク、事業承継後の資金繰りなど、さまざまな課題に対応していくことが求められます。

          (中小企業庁 経営者のための事業継承マニュアルより)

 

私達が、事業承継の構成要素の中でお手伝いできることは、

「人(経営)」の中から

・後継者の選定・育成 

・後継者教育 

・後継者の片腕の管理職育成と

 

「知的資産」の中から

・経営理念の再構築と浸透 

・従業員の技術承継

 

後継者の選定から育成

後継者教育、更に後継者の片腕となる管理職の教育を早くから進めておく必要があります。後継者一人で、進めようとしてもなかなか進みません。後継者の片腕管理職の育成が、今後の事業承継を進める上でのカギにもなります。人材育成に関わることは時間が掛かり早めに手をかけることが大事になります。

 

知的財産と言われる経営理念

後継者の思いを含めたものに作り変えること、先代の思いと後継者の思いが融合した理念に作り変えることが、後継者の心の拠り所となります。この理念を社員の人達に浸透させることも含めて同時並行して行うことになります。

 

理念の再構築が行われると

ホームページのイメージデザインなども変更の対象になります。昨今のネット社会の時代、戦略の幅に広がりを持たせる経営計画が多くあります。新規事業などへのチャレンジも大きな戦略となり、企業ドメインの領域が広がるためにドメイン変更も含めて、考え直す必要が出てくると思います。毎年経営計画を作り変えることはしていますか?

経営環境は、刻々と変化しています。作ったことがないなら、ざつくりとしたものでいいので、作り始める所からスタートです。始めから、細かく作るのではなく大枠から作り始めてください。

お手伝いできると思います