後継者の育成(トップマネージメント)

後継者の育成は、かなり時間と計画性が求められます

組織の中での現後継者の立ち位置、その周りにいる理解者との関係、上司、同僚、部下などとの関係性も重要であり、更に、後継者の最も大事な部分が「志」となります。「志」がない後継者には、誰もついていきません。

人が良いだけでなく、社員に将来を見せ、共に夢を語り、共に汗をかくというのも後継者が受け入れてもらえる要素としては大事な部分になります。

自己研鑽し、自分を磨くことから後継者の第一歩が始まるのかもしれません。

後継者が世代交代する時には理念の承継も含まれます。経営理念を理解し、更に自分の思いをプラスして、理念の再構築をしていくこと、それを社内に部下に浸透させていくことが、後継者の思いをベースとした企業体が出来上がっていくこととなります。