経営理念の大切さを考える時は、今!! 

「経営理念」はとは、何でしょうか?

 言い変えれば、この会社は「何のために存在しているのか?」この会社の経営を「どんな目的で、また、どの様な方法で行っていくのか?」ということについての心の拠り所ということです。

経営の要素と言われるのが、

人財力、技術力、資金力、情報力、時間力、そして営業力と大切なものは、個々色々ありますが一番の思考の基本になるのは、心の根本から生まれた「経営理念」です。理念が根本にあってこそ、ビジョンにブレない判断が出来き、人も技術も資金も初めて生かされるということです。では、心の根本から生まれる「経営理念」とはどんなものでしょうか?

「経営理念」は、

「モチベーションになる」、「心の拠り所」となると言われますが、熟考されずに作られた理念も多く、「作ってもらった」、「時間が無かったのでとりあえず決めた」「先代のそのままで意味は十分に理解していない」、「作り方がわからない」など様々です。

 

では、「理念の良い悪いのはどのようにして判断したらいいのでしょうか?」

ポイントは、理念から「強さを感じる」、「やる気になる」、「背筋が伸びる」と同時に「怖さを感じる」があるかどうかではないかと思います。「経営理念」が腹に落ちた経営者は、「強さと怖さ」を併せ持つ経営者であると言えます。

 

「経営理念」を持つ事の結果、

それ以前に比べて非常に信念として強固な意志が出てきた。

そのことで、自分自身に自信が出来き、社員に対しても意思が伝えられ、社外に対しても、しっかりと思いを伝え行動できる、力強い経営ができるようになった。経営に魂が入り急激に事業が発展し始めたなど、思いが伝わり新たな動きが起きてきます。

 

特に今年のように刻々と変化している世界情勢・社会情勢・環境情勢の中で、次々と起こってくる問題に的確に対処していく上で、根本の拠り所となるのは、その企業の経営理念です。また、社員と共にその心と力を合わせ、今を乗り切る、未来に繋ぐ、経済活動を生み出していく基盤となるものが「経営理念」でもあります。

 

結論として、

「経営理念」は、単なるツールではなく、未来を考えていく中で、経営の中心に「経営理念」が無くてはならないと言えるでしょう。

「経営理念」の作成は、なかなか一人では深堀できません。お問合せください。