先入観が強い人とは(人財育成マネージメント)

先入観が強く決めつけて話を聞く人がいます。自分の知っている価値観で判断する。○○は、△△だと・・・。過去の類似体験で判断してしまうのでしょう。場所も時間も人も違うのに、知ったかぶりで、良く知らないのに先入観で話す人がいます。時は流れ、時代は移り変わっています。そんな中でも自分の価値観を曲げず決めつけてしまう。芯を持つのは大事だと思いますが、周りの人達の多様化した価値観を受け入れられない。そういう人材が多い企業では、なかなかイノベーションは起きません。社内の改善・改革・新しいアイディアなども生まれないのだろうなと・・・。

重要なのは、柔軟な思考を受け入れることができる組織であり、これからの時代に乗り進化していくことに繋がると思います。でも、柔軟性がないそういう組織に限って、なかなか事業承継が進まない課題がたくさんあるケースが多いなと感じます。若手の意見も受け入れていくことも大事かと思います。