後継者になるに大切な事(トップマネージメント)

後継者になるためのトップマネージメント

 

いろいろな事業承継の仕方があります。

*先代社長がいる間に時間をかけて事業承継するケース、

*先代からの急な交代によるケース、

*先代を納得させ経営を変わる後継者など様々です。

この組織マネージメントには、それぞれ環境によりメリット・デメリットがあります。

大事なのは後継者の意識の問題であり、創業者には無い難しさがあります。

 

 

よくあることです!!

先代の社員がいる中での承継は、軋轢が生まれやすい環境があり、後継者は、社員に信頼されるまでにしっかりと地盤を築く必要があります。

経営者だから決定権はあるといろいろと決めたがりますが、社員は納得していません。

経営者として社員に認められる迄、しっかりと地固めをしてください。

 

日頃の言動、行動を社員は見ています。

考えていること・話していること・行動が一致しているのがベストです。

裸の王様にならないためにも・・・。