決断ができない経営者(トップマネージメント)

経営者は、毎日のように決断を求められます。何を基準に判断するのか? 何を基準に決断するのか?

ここがブレていると社員は、経営者への思いが薄らいでいきます。また、自分で決めらない経営者や決めたけれど実行しない経営者は、後から大きなツケを払うことになります。

前者は、経営理念がない、基準が明確でない、理念はあるが形だけで思いがない、先代の理念を受け継いでいない、自分に合っていない理念を掲げている。など多岐にわたる原因や重複する原因により、解決できないでいる場合が数多くあります。

後者は、経営者としての資質にも疑問を持つことにもなり、立場に胡坐をかいた努力不足、その場限りの口だけの決断など、様々な課題があげられます。

経営者の方は、どんな経営者でありたいですか? 社員の方は、どんな経営者でいて欲しいのでしょうか?

この課題は、かなり奥が深いものであり、時間のかかる課題です。思いが薄らいだ信頼の回復は簡単ではありません。もう一度、経営理念を何度も見つめ直し、経営者の指示が無くても社員が判断ができるところまで落とし込みをしてみてください。

そして、決めたことを、実行し、検証し、新たに行動する。このPDCAをしっかりと回して、自分自身のミスを洗い出し上手くいくパターンを見つけていく事です。