価値観の共有が大事(組織マネージメント)

組織マネージメントの中でも最も重要なのが、価値観を共有させるということです。

社内の改革を行う場合、ポイントの一つとして「価値観を共有しながら進めていくこと」が大事になります。

業務改善の中で、価値観に目を向けておかないと勘違いをした方向に進んでしまったり、誤解が生れたり、機能しなかったりといろいろなことが起きてしまいます。改善を考えた時に方法論ばかりに目が向きがちですが、「何のために業務改善を行うのか、どんな繋がりを変えていくのか?等々」しっかりと考えて何を業務改善を行ってください。

工程を進める中で、

①いつも話題の中に価値の共有を置き進めていくこと、

②ブレそうになったら、原点に戻るようにすること。

いつも何を大事にして進めるのか? 言葉で表現すると簡単に聞こえるのですが、これがなかなかハードルが高いモノとなります。

 

考える癖を付けて進めてみてはいかがでしょうか? では、考える癖とは何でしょうか?

考え方も癖です。どのような思考をするのかも、どの様に考えるのかもすべて選択ができ、思考を選ぶことができます。

ちょっと自分自身を俯瞰して見れるようになれば、可能になることです。

 

【 ZOOMによる 初回無料相談 】