会社訪問で感じるポイントとは!!(組織マネージメント)

会社訪問で感じるポイントとは!!

組織マネージメントのご相談で企業訪問して感じる事なのですが、相談内容が木を見て森を見ずという言葉があるように問題が見えていません。問題と思い込んでいるだけで見えていない。組織全体が見えていない経営者は、組織を俯瞰できません。組織を俯瞰できるだけで、解決策が見えることがあります。

 

先入観で自社の事になると俯瞰できない

 

いつの間にか課題ポケットに陥ってしまう。そんなことがありませんか?

それ以上考えが浮かばくなり、それしかないと思い込んでしまう。それがすべてだと思い込んでしまう。周りの意見も自分の都合のいいようにしか聞こえてこない。更には、もう一度自己で検証しようと考え直したりするが、更に思い込みを固めて、自分は間違っていないと思い込みが深くなる。これは、社内全体を見ることができない経営者などによく起きるこ現象です。全体バランスを取ることは、組織を成長させるうえで大事なポイントになります。

 

冷静に俯瞰できれば、見えるものが変わります

 

全体のバランスを考えながら現状の問題を考えること。このことがとても大事です。

目に見える部分が本当の問題ではないことが多々あります。見える部分だけでなく、感じて下さい。社内の空気感、それぞれの社員の表情、話す声張りなども社内を知るヒントになります。

しかし、その原因を見つけられないと変えることができない。中からでは、気が付かないことがいっぱいあります。

表面に出てくる問題をいくら改善しても同じことが起きてしまいますから、根本から考える思考と広い目で組織をみてください。

そこに本質を見つける視点を持つコンサルタントの存在意義もあります

なんなりとご相談ください。

 

ZOOM初回無料 組織経営相談 詳細についてはこちら