事業承継を実行するまでの 「5つのステップ」

事業承継の準備から計画の策定、実行まで5つのステップ

ステップ1  事業承継に向けた準備の必要性の認識

ステップ2  経営状況・経営課題等の把握(見える化)

ステップ3  事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)

ステップ4  事業承継計画策定  円滑に引継ぎを進めるために、後継者とともに、株式、事業用資産や代表権の承継時期を記載した事業承継計画を策定する。

ステップ5  事業承継の実行 株式、事業用資産や経営権の承継を実行する。

 

早めに準備を進めるメリット

事業承継の準備を早めにスタートするメリットの一つは、事業を承継できる体制を早い段階で整えることで、会社の業績、市場の動向を踏まえてベストのタイミングで事業承継を実行に移せることです。また、後継者の手腕、適性をじっくり見極めることもできます。

        (中小企業庁 経営者のための事業継承マニュアルより)