選択と決断③(気づき)

成績が上がり、営業数字が変ると見えるものが変りました。会議で東京に行くことも増えて、他の地域のキャリアがあり実績のある先輩管理職と話す機会がとても楽しみでした。エリアが違うため直接の利害が関係しなかったのも大きいとは思いますが、それぞれの情報交換も大事な自分のモチベーションとなり、より高みを目指すきっかけにもなっています。

新しい考えを聞き、地元に持ち帰り、導入の仕方を考えて、自分でやってみる。修正しながら、社内に合う新たな形に変形させていく、組織マネージメントをいつの間にか行っていました。地域性やオフィス環境、個々の個性などで、他では上手くいっているが、ここでは通じないことなど、何度も何度も体験から学んだのは大きい経験学習の成果となり、今にも生かされています。言い換えると他支社にライバルがいるようなイメージで仕事をしていました。この頃から部下が付きました。この部下の池田君を育てたことが、次のステップに上がるきっかけとなっています。